ビジネスの成長は顧客理解からはじまる

ビジネスの成長は
顧客理解からはじまる

ASSIMA<アシマ>はお客様一人ひとりを深く理解し、
目的や課題に合わせて顧客中心の体験を創るためのDXツールです。

お客様へどんな体験を提供しますか?

ASSIMA<アシマ>はお客様一人ひとりを深く理解し、目的や課題に合わせて顧客中心の体験を創るためのDXツールです。

顧客企業から商品オーダーがあった際に、内容をよくお伺いして正確に処理をさせていただくのは、ごく普通の体験です。

もしも過去の似通った物件で、より物件にマッチした商品をご提示した履歴があれば、それを参考にさらに適切なご提案が可能です。

お客様がその細やかな配慮を体験され、新しい気づきを得ることができれば、そのビジネスをさらに有利に運ぶことができるかもしれません。

履歴から顧客特性を分析し、理解を深めることで
新しい顧客体験(CX)を提供することができます

顧客管理から体験価値提供へ

お客様が営業担当者を名指しするのはなぜでしょうか?
それは、その担当者と話せばご自分に合った体験が得られるからです。この体験を会社の誰もが、すべての顧客に提供できるようになればいいと思いませんか?

お客様のロイヤリティを向上し、常に自社を選んでいただくのは、社員全員の仕事です。

単に名簿化するのではなく、顧客一人ひとりとのやり取りを正確に把握し、個々に最適化されたサービスを提供することができれば、顧客満足度が向上し、結果として固定客を増やすことができます。営業管理ツールやアプリがその課題を解決します。

▼お勧め記事

インサイトの記事「顧客管理やってますか?」
顧客管理やってますか?

製品概要

貯める

簡単に貯める

直感的なインターフェイスで、お客様の情報やコンタクトを漏れなく蓄積。

シェアする

シェアする

電話やメールに依存せず、貯めた情報を必要な方に必要なタイミングで共有。

顧客を知る

顧客を知る

個々のお客様の特性やお取引内容を検索して取り出し、次のアクションへ。

ツールに使われていませんか?

高機能な顧客管理ツール、営業管理ツール、顧客管理ソフト・アプリは山ほどあります。ところが、その大半が多くの機能を実装するために、複雑で分かりにくいインターフェイスとなっており、料金も高額なものが多くなっています。

私たちが開発したASSIMA<アシマ>が他のクラウドツールと大きく異なる部分は、シンプルに、コンパクトに、そして担当者を代々引き継ぎながら、持続的に使い続けることができるように設計されているところです。

毎日続けられるツールです

ご担当者が毎日使うデータ入力欄は極力プルダウン方式で選択入力ができるように配慮。マスター管理機能で事前に選択肢を準備しておくことができるようになっています。

ASSIMA<アシマ>は、あなたの会社のDX(デジタル・トランスフォーメーション)化を分かりやすく、一歩一歩お手伝いできるツールです。

コラボレーションを活性化

担当者ごとに、随時、顧客とのやり取りを記録していくのが「タッチ情報登録」機能です。この機能が担当者間・部署間でのコラボレーションを活性化します。貯まった履歴の流れを見れば、顧客と自社のこれまでのストーリーが見えてきます。

履歴は横串で可視化されるため、既に別の担当者がやり取りした内容を、お客様へ重複して尋ねてしまうことも避けることができます。

写真や書類も残せる

ASSIMA<アシマ>のクラウドストレージへ、そのときのやり取りに使用した書類や議事録などを添付したり、スマートフォンで撮影した写真を添付したりすることが可能です。
※クラウドストレージの容量はプランによって異なります。

自社の顧客を理解する

貯めた履歴を目的や種類、案件、カテゴリー、顧客特性などのキーワードで抽出することにより、その顧客の特性分析を行うことができます。

時間が経過してもお取引内容が詳細に残っていたり、個々のやり取りでは知り得なかった他の担当者のタッチ履歴が見えることで、自然にそのお客様の特性が可視化されていきます。

市場の変化は益々著しく、こうしているうちにも自社の顧客はどんどん他社に奪われていきます。現在の事業の形は永遠にそのまま続かないというリスクに晒されているともいえます。

後々、新商品開発や既存商品・サービスの見直し、現在の事業の方向性の見直しなどを実施する際に、自社が大切にすべき顧客はどのような企業・人物で、今後そこに対して何をすれば、さらに喜んでいただくことができるかをデータ化していくことができると考えてください。

また、顧客履歴が残っていることで、これまで多くの時間を費やしていた部署異動、退職などによる担当者の引き継ぎもスムーズに行うことができるようになってきます。

いずれにしても、大切なことは良質なデータベース構築を一刻も早くスタートし、将来のリスクに対し迅速に準備を始めていくことです。

攻めの営業戦略に活用する

ASSIMA<アシマ>は単に顧客とのやり取りを記録するだけのツールではありません。
今後、その顧客へ「いつ、何をするか」を記録しておく機能も搭載しています。単に担当者が備忘録として書いておくこともできますし、マネージャーが後から個々の担当者の行動をチェックし、営業活動を促すことにも活用することができます。

あくまでも、システム導入はスタートに過ぎません。私たちの目標は、ASSIMA<アシマ>をDXツールとして採用いただき、企業様の持続的な成長をサポートしていくことです。顧客戦略の段階に応じて、マーケティングに精通したスタッフがお客様のステップアップをサポートして参ります。

プロジェクトマネジメント

案件・物件管理に活用する

プロジェクトマネジメントとは、ある案件や物件の目的をスムーズに達成できるよう計画・コントロールし、成功に導く手法のことです。

具体的には、システムインテグレート、もしくはソリューション営業をされている企業様向けに、オプションで案件・物件単位でこのプロジェクトマネジメントができる機能を追加できます。

ひとつの物件には多くの企業や担当者が関わります。たとえその一部のプロジェクトを任されたとしても、そこには緻密なコミュニケーションが繰り広げられます。後々サポートが発生すれば、その全体像やどんな製品をどのように組み入れたかなどの情報を迅速に把握することが重要となってきます。

ASSIMA<アシマ>の基本機能は個々の顧客をキーとして分析しますが、このオプションでは一例として、物件ごとに以下のような履歴を残すことができます。

いつ(When)
どこで(Where)
どんな要件で(Why)
どんな商流で(Who)
どんなことを(What)
どんな方法で(How)
いくらで(How much)

進行中であれば、その案件の進捗状況や確度、次に行うべき事柄(ToDo)を案件ごとに迅速に把握することができます。

ASSIMA<アシマ>のクラウドストレージへ、物件で使用した書類や議事録、図面などを添付したり、スマートフォンで撮影した写真を添付したりすることが可能です。

導入ステップ

  • STEP.01
    ヒアリング
    まずは現状の課題や将来の顧客戦略をヒアリング・共有させていただきます。
    顧客に対する活動目標や目安とする指標などの確認になります。
  • STEP.02
    コンサルティング
    御社に最適な仕様をご提案し、導入プロジェクトをスタートします。
    見える化できる業務フローや共有情報など提案させていただきます。
  • STEP.03
    初期設定・納品
    初期データの準備・インポート、納品と検証を行います。
    顧客情報など手元にある必要情報の登録をお手伝いします。
    (こちらで一括作業を行う場合には、別途料金を承ります)。
  • STEP.04導入サポート
    ツールの導入及び運用のサポートをさせていただきます。
    マスター登録からコンタクト履歴の入力まで支援いたします。

選べるプラン

テストドライブ
<無料プラン>

¥0

1ヶ月間限定
20ユーザー含む

▼機能▼
顧客データ蓄積機能
顧客データ分析機能

スタンダード
<20名プラン>

¥4,000

月額/1名あたり/税別

▼機能▼
顧客データ蓄積機能
顧客データ分析機能
運用サポート
年一括払い割引あり

プレミアム
<40名プラン>

¥3,000

月額/1名あたり/税別

▼機能▼
顧客データ蓄積機能
顧客データ分析機能
運用サポート
年一括払い割引あり

※40名以上でお使いの場合はご相談ください。
※初期データの格納を代行させていただく場合、別途費用を承ります。
※スタートアップ・プランのお申し込みは1企業1回のみとなります。

オプション機能

プロジェクトマネジメント機能

標準では顧客をキーとして管理していくシステムですが、このオプションでは顧客に加え、案件や物件単位での管理・分析が可能です。

月¥1,000/名


初期設定サービス

システムの初期設定を弊社で承ることができます。サービス完了後、すぐに使いはじめることができます。

要相談

企業情報

【開発・インフラ管理】
アクアマイクロ株式会社

【販売代理店】
インディマース株式会社